季節の変わり目、健康(体調管理)に大切なこと

季節の変わり目になると体調を崩してしまう女性がいます。

特に涼しくなってくると途端に風邪をひいたり、身体がだるくなったり生理不順になってしまう女性が健康(体調管理)に大切なことがあります。

それは身体を冷やさないことです。

女性男性よりも身体が冷えやすいので、冷やさないことが重要なのです。

冬は寒いと感じて、厚着をしたり、防寒着を着用する人が多いですが、夏が終わって秋に差し掛かったくらいの気候だと、まだ外がそんなに寒くないからと油断してしまう人が多いのです。

自分は寒く感じていなくても、身体は冷えていることがあるのです。

この冷えが健康(体調管理)の大敵になるのです。

女性は身体が冷えてしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順になったり、風邪をひきやすくなってしまうのです。

特に女性は下半身を冷やさないようにすることが大事です。

そのためには、足元を温めておくことが必要なのです。

薄手の靴下を何枚か重ね履きすると、身体の冷え取ることができます。

足元を温めて、頭は冷えている状態が、健康には最も良い状態なので、足元は厚着にしても上半身はできるだけ薄着にすることがおすすめです。